色と色彩心理(カラーセラピー)の講座(Ⅰ.5)

[vc_row][vc_column width=”1/3″][no_button fe_icon=”arrow_back” icon_position=”left” target=”_self” text=”Ⅰ.色と光の関係” icon_pack=”font_awesome” fa_icon=”fa-arrow-left” background_color=”#db9d32″ hover_background_color=”#dbbb83″ padding=”50″ font_weight=”200″ link=”http://xn--lckwg6by419b82b.com/%E8%89%B2%E3%81%A8%E8%89%B2%E5%BD%A9%E5%BF%83%E7%90%86%EF%BC%88%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%94%E3%83%BC%EF%BC%89%E3%81%AE%E8%AC%9B%E5%BA%A7/%E2%85%A0%EF%BC%8E%E8%89%B2%E3%81%A8%E5%85%89%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%BF%82″][/vc_column][vc_column width=”1/3″][/vc_column][vc_column width=”1/3″][/vc_column][vc_column][vc_separator type=”normal” position=”center” border_style=”solid”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text]5.物理学者による色と光の研究[/vc_column_text][/vc_column][vc_column][vc_separator type=”transparent” position=”center” border_style=”solid”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”2/3″][vc_column_text]

1865年イギリスの物理学者マクスウェル(1831~1879年)

光は電磁波の一種であると発表しました。電磁波は電気の性質による波で、磁場を起こす性質をあわせ持つため、電磁波と呼ばれています。

太陽の光は電磁波の形状をとって、毎秒30万kmの速度で地球に届いています。

・これ以前の説として、1675年イギリスのニュートンによる粒子説と1678年オランダのホイヘンスによる波動説の2説がありました。

・電磁波はこの粒子の性質(粒子|生)と波の性質(波動性)の両方の性質を持っています。

 

1666年、イギリスの物理学者ニュートン(1642~1727)

太陽の光や蛍光灯の光は「白色光」と呼ばれ、無色透明に見えるこの白い光の中に、人間が感じることができるすべての色の要素があります。

そのことを発見したのは、ニュートンでした。

小さな穴から太陽の光(白色光)を暗室に導きプリズムに通して分光したところ、

さまざまな光の(赤・橙・黄・緑・青・藍・青紫)と変化していく色の帯がスクリーンに映し出 され、この色の帯のことをスペクトルと言い、スペクトルを得る実験に成功しました。

無色透明に感じていた白い光は、いくつもの色の要素が重なってできていることが証明されました。

ニュートンは、光の物理的特性と色の関係を把握し、色彩の科学的研究の基礎を築きました。

 

アインシユタイン(アルベェルトAlbeitEinstein1879~1955)

南ドイツのウルムで生まれた理論物理学者。

1905年には金属に電気を当てると電子が飛び出すという「光電効果理論」、「ブラウン運動の確率論的理論」、「特殊相対性理論」を発表。

この「特殊相対性理論」の中で、光は波動性と粒子性の二重性を持ち、電磁波はhy(hはブランクの定数、yは振動数ニュー)のエネルギーを持つ量子であると説明。

1907年に「比熱の理論」
1911年に「一般相対性理論」
1917年に「宇宙構造の理論」、「重力波の理論」
1924年に「ボーズ・アインシュタイン統計」を発表しました。
1921年には光電効果の法則と理論物理学の分野の研究でノーベル物理学賞を受けたました。

相対性理論は賞の対象外であったが、マックスウェルの「光の電磁波理論」と光の速度の実験をしていたマイケルソンとモーリーの説を肯定するものであり、力学の新体系のもとを作りました。

ホイヘンス(クリスティアーンChriustiaan Huygens1629~1695)

オランダの物理学者、天文学者。1655年に土星の環を、第、第4衛星を発見、1657年に振り子時計を発明。また光の波動説を唱え、偏光を発見しました。

[/vc_column_text][/vc_column][vc_column width=”1/3″][vc_column_text]※1)視細胞は光刺激を吸収し電気信号へと変換する役割を持っています。
視細胞には2種類あり、明所で機能する「錐体」と暗所で機能する「杆体」があります。色を見分けるのはこの「錐体」になります。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator type=”normal” position=”center” up=”20″ down=”20″ border_style=”solid”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/3″][no_button fe_icon=”arrow_back” icon_position=”left” target=”_self” text=”1.色とは何か” icon_pack=”font_awesome” fa_icon=”fa-arrow-left” background_color=”#db9d32″ hover_background_color=”#dbbb83″ padding=”50″ link=”http://xn--lckwg6by419b82b.com/%E8%89%B2%E3%81%A8%E8%89%B2%E5%BD%A9%E5%BF%83%E7%90%86%EF%BC%88%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%94%E3%83%BC%EF%BC%89%E3%81%AE%E8%AC%9B%E5%BA%A7/%E2%85%A0%EF%BC%8E%E8%89%B2%E3%81%A8%E5%85%89%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%BF%82/%E2%85%A0%EF%BC%8E%EF%BC%91%E8%89%B2%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%8B”][/vc_column][vc_column width=”1/3″][/vc_column][vc_column width=”1/3″][no_button fe_icon=”arrow_back” icon_position=”right” target=”_self” text=”3.プリズムによる分光” icon_pack=”font_awesome” fa_icon=”fa-arrow-right” background_color=”#db9d32″ hover_background_color=”#dbbb83″ padding=”50″][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator type=”normal” position=”center” up=”20″ down=”20″ border_style=”solid”][/vc_column][/vc_row]